Mary-Inglis

終了:<提携WS>5月〜6月【フィンドホーン】メアリー・イングリス 来日ワークショップ

Posted on Posted in ◆トランスフォーメーションゲーム, スケジュール, プロセス・スキル・トレーニング

Mary-Inglis<オープンセンス・特別協力ワークショップ>
フィンドホーン在住のメアリー・イングリスによる特別来日ワークショップ!
トランスフォーメーションゲーム開発者のメアリーによる、
カウンセラーやファシリテーターのためのスキルトレーニングや
認定資格トレーニングを開催します。

プロセス・スキル・トレーニング 第2回

今年2月に日本で初めてプロセススキルトレーニングがありました。カウンセラーやコーチ、ファシリテーターなどの仕事に従事している人、また職業と関係なく個人の学びで参加した人にとっても、深いプロセスの手法を学ぶ機会になりました。今回、ご要望にお応えして第2回のトレーニングを行います。

前回同様、コーチ、カウンセラー、コンサルタント、メンター、ファシリテーターとして既に活躍されている方に適した体験型トレーニングです。トレーニングでは、他者をコーチングすると同時に、あなた自身もそのプロセスに参加することになります。これにより、あなたのお仕事がどのようなスタイルあっても、そのお仕事に取り入れて活かすことのできる原則とその手法を学んでいきます。

2月に行われた前回トレーニングに参加できず、今回の3日間のトレーニングに参加を希望される方のために、3日間のトレーニングの前に、基本事項を1日で学ぶコースがあります。

内容詳細

【講師】  メアリー・イングリス Mary Inglis (通訳:丸山智恵子/オープンセンス代表)
【日程】  5/29(金)~5/31(日) プロセススキルトレーニング PartⅡ
【会場】  中央区産業会館

【費用】 3日間 75,600円

【主催】  Blue Lotus
【協力】  オープンセンス。

【申込み】 ws-reg@opensense.jp (名前、電話、メールアドレスをご明記下さい)

プロセス・スキル・トレーニングとは?

メアリー・イングリスが「フィンドホーン」「トランスフォーメーションゲーム」「プロセス指向心理学」「インカーネーション・スピリチュアリティ」などのアプローチを統合して独自に作り上げた方法です。

このトレーニングでは、理論的なプレゼンテーションと議論だけでなく、ピア・コーチング・エクササイズ、インナーワーク・ツール、関係性のワーク、ファシリテーション・プロセスといった体験的アプローチを用います。

例えばエッジ・ワークでは誰もがもっている「これがやりたい!」という自分が向かいたい方向性と、同時に生まれる「そんなの無理だよ」と反対する自分の「内なる批評家」の声にも気づいていきます。

それを言葉や絵、体、シンボルや物語、音など、右脳と左脳の両方を使って繰り返し表現していくことでより深くはっきりと明確化し、進みたい方向性をサポートしていきます。

エッジ・ワークを始めとしたこれらのプロセス・スキルは、一般の方ももちろんのこと、既に対人ケアをされているカウンセラーやファシリテーターの方などにとても有効なスキルです。

特にこれまで様々な心理学アプローチやセラピーの方法論を学んできた方にとっては、それら全てをまとめて統合し、さらに足りない部分を強化していくことが可能です。ご自分のスタイルの強化と軸の再構築にぜひご活用ください。

【インカーネショナルスピリチュアリティへのアプローチ】

2月に東京で開催した初回のプロセススキルトレーニングでは、このトレーニングの原則である、自分自身を「異なる層(レベル)を同時に持ち合わせながら存在するエネルギーやフィールド」とみなすことを学びました。
そして異なる層にアクセスし、層の間を自由に動きながら一貫性・完全性を経験する手法を探求しました。また、私たちの根本のパターンを持った自己が編成する本質や感覚と向き合いながら、どのように表現されていくかも学びました。このフォローアップトレーニングではこれらの原則や手法をさらに深めて学んでいきます。

さらに「夢」を内在的に自己が作り出すパターンへの入口として、一晩の夢ではなく、この世界や私たち自身の意味深い夢として注目していきます。夢からのメッセージは、私たちの経験がエネルギーにどのように映し出されるのかを理解し、どう生かしていくか探求していきます。

 

トランスフォーメーションゲーム グループバージョン

10432127_10202192916492212_7716080002261689079_n

トランスフォーメーションゲームの開発チームの一員、メアリー イングリスさんのスーパーバイズによる3日間のワークショップです。

床に描かれた人生の道を進みながら自分を見つめるワークをします。グループの目的の展開と参加者ひとりひとりの目的に沿った展開がシンクロし、ボックスゲームとは一味違う醍醐味を味わうことができます。

ゲームの開発と改良に30年以上携わってきたメアリーさんのポイントをついた、しかも愛情あふれるスーパーバイズを体験するまたと無い機会です。

今回のGroup Gameでは、『関係性』について探求します。

内容詳細

【期間】6/12(金)~6/14(日)9:00~19:00
※14日は18:00終了予定(修了時刻は多少前後することがあります)

【ファシリテーター】 Tadashi 、 Kazumi
【スーパーバイス】メアリー・イングリス Mary Inglis (通訳:丸山智恵子/オープンセンス代表)

【場所】 ほっとぷらざはるみ

【定員】 12名

【参加費】★早割制度:4/10 までにお申込みお振込の場合20%off
37,800円(通訳料・税込)

【主催】  Blue Lotus
【協力】  オープンセンス。

【申込み】 ws-reg@opensense.jp (名前、電話、メールアドレスをご明記下さい)


メアリー・イングリス / Mary Inglis プロフィール

Mary-Inglis
InnerLinks英国の代表、フィンドホーン在住、元フィンドホーン財団 理事
40年以上の間フィンドホーンで暮らす。財団では長い間教育チームで働き、トランスフォーメーションゲームの1976年ゲーム開発から関わっている。個人のスピリチュアルな(精神的な)発展へのワークショップでのアプローチと、Transformation Gameのいろいろなバージョンでセミナーとファシリテーター(世話役)トレーニングを国際的に行っている。

またInnerLinks Associatesは、個人の創造力とチームと組織の学習と発展を促すカウンセリング、セミナーとトレーニングを提供するだけでなく、トランスフォーメーションゲーム製品、プログラムとトレーニングを研究開発している。
メアリーのワークのコアは、自分自身の内側・外側、また世界に関するすべての能力の探求・探検を促すこと。
また、世界や時代からの呼びかけと個人の呼び声(職業・天職など)とをつなぎあわせていくこと。
それにより人々が真実の存在とつながること、そして人生という旅、貢献、人間自身のコアをとらえ、その育成を力づけることである。