8864438152_48c8ee2674

【終了】9/23 (水・祝)【GAP】ワンデー「人間関係における困難に取り組むとき〜Working with Overwhelm」*クリスティン・プライス

Posted on Posted in ◆ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP), クリスティン・プライス, スケジュール

 

壊れているなら、なおさない

ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)は、何かを変えようとすることよりも「今、ここ、あるがまま」に出会い、深く耳を傾けることを学んでゆきます。

今回は人生や日常において実際に起こる他者との困難、とくに難しい相手とのコミュニケーションなどへの対処に、どのようにGAPのアプローチを使えるのかを探求します。

例えば、自分の年老いた両親、あるいは子どものケアや子育てといったような
他者との関係や、パートナーとの関係。さらには自分自身との関係、自分の未完了なこととのかかわりにおいても、自分が難しいと感じること・困っていることへの対処法をみていきます。

「どうしていいか分からないほど自分を困惑させ、打ちのめすものは何か?」

「今の生活において、いつ・どこで圧倒されるように感じることが多いか」

「自分のいまの対処法は何か?うまくいっていることは何か?
自分はどのようにして対処をより難しくしてしまっているか?」

「問題への対処能力を高めるものとして、自分はどんな選択肢を持っているか?」

ときに、自分が難しいと感じていることについて話せる場所をもつことが、
対処法のひとつということがあります。

ときに、似たような苦難を抱えている他の人たちの話を聞くと
自分ひとりだけではないと感じ、それもまたサポートになります。
また、問題に正面から向きあうことで、これまで自分には見えていなかった新しい選択肢を見るためのスペースを持てるようにもなります。あるいは対処の第一歩を計画することができるようになります。

このテーマは本来1日で完了できるものではありませんが、この1日をつかい、
全体像を観ることによって、より気づきが得られることでしょう。

自分の中心に戻り、くつろぐための基本となる実践のワークも
みなさんにいくつか提供していきます。

 

 ワークショップ詳細

【日程】9/23(水・祝)13:00〜19:00(流れによって多少延長の可能性があります)

【会場】東京都内(お申し込みの方にお知らせ致します)

【参加費】
早割①(7/31(金)まで):29,700円(税込)
早割②(9/1(火)まで):34,560円(税込)
通常:34,560円(税込)

スタディグループメンバー価格:29,700円(税込)

【お申込】 ws-reg@opensense.jp
(お名前、電話番号、メールアドレスをご明記下さいませ)

内容

今回はGAPの視点からの、コミュニケーションに関するスキルとガイドラインに焦点を当てます。
基本的なGAPの原則を学び、それに応じたエクササイズを行います。

ロールプレイや二人組みでのエクササイズなどを行ったり、

それぞれが「エンプティーシート」(空の席、椅子または座布団)を使って、
具体的な状況や会話に対して使えるスキルを学べるようにします。

特に今回、親子やパートナーなどに関連する状況については、
「コンタクト(触れ合う・向き合う)」ことや「対話」のための
「準備」の仕方を伝えることができます。
(自分自身に栄養を与えることも含みます)

※実際に行われたビギナーコースの講義の中から一部分を、こちらから見ることができます。
http://www.gestaltap.jp/#!video1/cieo

* この「ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス」はアメリカではカリフォルニア州行動科学委員会及び看護委員会によるMFTs(マリッジファミリーセラ ピスト)、LCSWs(臨 床社会福祉士)、看護婦、看護士等のための社会人教育の正式プログラムとして認定され単位取得証明書も発行されているワークです。またカリフォルニア州、 エサレンボディワークの250時間および500時間プログラムの単位として正式に認定されます。本プログラムの修了証をお渡し致します


カードで支払(Paypal)
銀行振り込み
申込む

詳細続きは次ページ>>>