8864438152_48c8ee2674

終了:9/25(金)〜9/27(日)【GAP】オープンシートグループ*クリスティン・プライス

Posted on Posted in ◆ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP), クリスティン・プライス, スケジュール

 

壊れているなら、なおさない

ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)は、何かを変えようとすることよりも「今、ここ、あるがまま」に出会い、深く耳を傾けることを学んでゆきます。

オープンシートでは、一人ずつシートに座り、自分の内面と今起きていることをじっくりと味わっていきます。そのプロセスを講師クリスがサポートし、さらに深い気づきへと導いていきます。

個人セッションのように濃厚なこのワークは充実度と満足度が非常に高く
見守るほかのメンバーにとっても、多くの学びと気づきがもたらされます。


 ワークショップ詳細

【日程】9/25(金)〜 9/27(日)
初日10:30 – 19:00 二日目10:00- 18:30 三日目10:00 – 18:30
※初日2日目は延長する場合もありますので、ご了承ください。

* この「ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス オープンシートグループ」はアメリカではカリフォルニア州行動科学委員会及び看護委員会によるMFTs(マリッジファミリーセラ ピスト)、LCSWs(臨 床社会福祉士)、看護婦、看護士等のための社会人教育の正式プログラムとして認定され単位取得証明書も発行されているワークです。またカリフォルニア州、 エサレンボディワークの250時間および500時間プログラムの単位として26 時間まで正式に認定されます。本プログラムの修了証をお渡し致します。

【会場】東京都内(お申し込みの方にお知らせ致します)

<残席わずかとなっておりますので、ご検討中の方はお早めにお知らせください>

<オープンシート詳細>
*参加資格:①か②を下記を満たしている方で、原則的に3日間連続参加が可能な方といたします。

基礎:2回10285211756_6e275780af_b
基礎:1回+STクラス3日以上(今年8月のSTクラスへの参加予定で資格を満たす方は可能

※注:こちらに当てはまらない場合でも、人数とこれまでのワーク参加状況によって、講師が事前に許可する場合もあります。当てはまらない方で下記に該当する場合はご相談下さい。また、参加費を分割ご希望の方はご相談下さい。

 

<ウィットネス参加>
クリスがサポートする、メンバーの方のオープンシートのワークを全体の輪の中にいることで共に体験し、自分自身の探求をしていきます。また流れに応じて、ペアワークやシェアも一緒に行います。ケアギバーの方などはクリスがどのように聴き、共にいることでサポートを提供するのか、そのあり方をじっくりと学ぶことができます。
※ウィットネスシートに関して、上記エサレンの単位認定は適用されません

*参加資格
これまでクリスティン・プライスのGAP 基礎コースに2回以上、もしくは基礎コース1回+他のワーク(※下記参照)参加経験がある方

※GAP  STクラス、クリス ティン・プライスのワンデーやオープンシートなどのワーク、または他にアウェアネスの実践をする瞑想(Dr.バリー)、スピリチュアルタッチ(マリア)のプログラム。

ただし前回の参加から1年以上経過している方は、7-8月のSTクラスまたは9月のクリスワンデーにご参加いただき、GAPにおけるシェアやエコーなどワークでの基本の実践を再度確認していただくことをお勧めします。

【参加費】
<オープンシート> 残席1
通常:99,360円(税込)(92,000円+税)
スタディグループメンバー割引  (6/15(月)まで):75,000円(税込)

<ウィットネス参加> 残席3~4
86,400円(80000円+税)

※オープンシートの時間について
オープンシートとは、お互いのセッションから全員が学びあうことを目指しているものです。
各セッションでワークをする方は、私たち全員を代表して探求します。
したがって、個人的なセッションの長さ自体は、中心的な焦点ではありません。
むしろ、様々なセッションの長さがあることによって、異なる構造において、
どのようにプロセスが進むのかということを 私たちに教えてくれることになります。
(希望があれば20分のセッションもやってみることができます)

基本は約60分のセッションとそれ以上のセッションの2種類がありますが、
約60分セッションでは、探求そのものが45分、全体で60分の予定です。
60分以上のセッションに関しては、毎日抽選で決めていきます。
(初めから60分を希望する方はご希望を尊重いたします)

【お申込】 ws-reg@opensense.jp
(お名前、電話番号、メールアドレスをご明記下さいませ)

※実際に行われたビギナーコースの講義の中から一部分を、こちらから見ることができます。
http://www.gestaltap.jp/#!video1/cieo

* この「ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス」はアメリカではカリフォルニア州行動科学委員会及び看護委員会によるMFTs(マリッジファミリーセラ ピスト)、LCSWs(臨 床社会福祉士)、看護婦、看護士等のための社会人教育の正式プログラムとして認定され単位取得証明書も発行されているワークです。またカリフォルニア州、 エサレンボディワークの250時間および500時間プログラムの単位として正式に認定されます。本プログラムの修了証をお渡し致します


カードで支払(Paypal)
銀行振り込み
申込む

よくあるご質問

Q:3日間のオープンシートで、1日だけ参加できません。
参加は可能ですか? 可能な場合、参加料金は変わりますか?

A. 基本的に全日参加をお願いしております。キャンセル待ちでの受付は可能ですが、参加費は変わりません

ワークの性質上、予測不能な事態や病気を除き、全日参加でお願いしています。
ただ、開催直前までにまだ席があった場合には参加できるという形での、特別なキャンセル待ちでお受けすることは可能です。
ですが、その場合も3日間参加できる方が優先されます。
結果、参加できたとしても、途中で抜ける方にかんしては、オープンシートを受ける機会を(完全には)保証しにくくなる旨、ご了承ください。

なお、全日参加できない方がキャンセル待ちをされた場合は、全体を総合的に見て講師自身が最終判断にて決定いたします。
ただ、講師の判断で、参加が可能になった場合でにも、全日参加できない方は、アメリカで数十年そうしてきたのと同様に、
参加費については一部参加の設定はなく、全日参加と変わらない(ワークの質から、グループ全体を考え、
一部参加は、急なご病気などの例外を除き、基本的には認めておらず、推奨しないためです)設定とさせていただいていることを
ご了承いただけますよう、お願いいたします。

※ 全日参加が難しいけれど、参加したいとお考えの方へ

本来、オープンシートは長い宿泊のワークとして開催してきましたが、今回のように、通いで行う場合でも、
ご本人にとってもグループ全体にとっても探求する質や深さを考慮して同じような観点で行うようにしております。
お忙しいとは思いますが、3日間参加できるよう、皆様のご予定が調整できることを願っています。
(最大限にワークを生かしていただきたい、という思いからワークの際には、できるだけ夜も他の用事を入れないようお薦めしております)

【全員のオープンシートから気づきを得る場です】

オープンシートは、ひとりの人が探求することを、直接にはクリスがサポートしますが、
同時に、輪の中の全員が、気づきのプラクティスを行うことでサポートする場です。

ただ個人のセッションを複数行うということではなく、
全体で一つのオープンシートになっていきます。
これらは参加者ご自身がそれぞれ体験していきます。

また、探求する個人対、クリスということではなく、
サークル全体の「気づき」が助けになります。
ですので、クリスはグループで行うオープンシートを長年大切にしています。
(基本的に個人セッションは行っていません)

自分がオープンシートを受けると同時に、
全員のオープンシートからも気づきを得る、学ぶ、

そしてお互いに、自分でいることによって、
そこに貢献するという場です。

以上、ご理解・ご了承いただき、この貴重な3日間をご一緒できることを楽しみにしております。

詳細続きは次ページ>>>