084-300x225.jpg

終了:6/27 (土)【GAP】STクラス 「自分は何に出会いたくないのか?」

Posted on Posted in ◆ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP), スケジュール, スチューデントティーチャー

ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)は「いま・ここにいる」 ことに注意を向けて、自分自身の深い探求や発見、成長を促すものです。

今回のワークショップでは、自分が今まで向き合うのを避けてきた、見たくなかった、出会ってこなかった、邪魔にしていた、嫌だなと思ってきたなど、自分自身が一緒にいるのが(あるいは居心地よくいるのが)難しい部分を発見すること・・

そしてその見つけたものに「気づき」と「やさしさ」や「オープンさ」を持って出会い、触れてみるということをやっていきます。

「今、何に気づいているのか?」という問いかけ。

今この一瞬一瞬に気づいていくことを続けていると、今まで自分が長い間同じようにしていた、そのやり方以外の視点のようなものが現れることがあります。

それをGAPでは「オープンマインド」と言ったりします。

自分がこれまですごく厳しく対処したり、見ないようにしていた「自分の一部」に、好奇心や優しさを持って出会えるのか?

そのための小さな一歩を、一緒に学んでいきましょう。

セルフケアや他者のサポートにGAPを活用したい心理、対人援助の方やボディワーカーの方にもとくにおすすめです。

内容詳細

GAP スチューデント・ティーチャー(ST)クラス

10206602035_b4b999bd03

日程:6月27日(土)10:00−16:30 

会場:東京都中央区日本橋周辺(お申し込みの方にお知らせします)

参加費:
一般:10,840円

※過去6ヶ月以内のSTクラス連続参加の方:特割9,720円
※オープンパートナー・スタディグループメンバーの方:7,560円

詳細・お申込:ws-reg@opensense.jp
(※2−3日経っても、折り返しのメールがない場合には、メールの不具合の可能性もありますので,、お手数ですが改めてご連絡下さい)

●内容
・ベーシックプラクティス
・気づきのコンティニュアム、からだを使ったコンティニュアム
・気づきの3つの領域
・GAPの4つの表現
・ピローワーク
・リピーティング・クエスチョン
ほか

※内容はクリスティン・プライスのスーパーバイスを受けて構成されます 。
また、講義ではクリスティン・プライスによるレクチャーのビデオを見ながら、
リピーティングクエスチョンやインクワイアリーなどのワーク実践を行います。

こんな方へ
・日常にGAPを生かしていきたいけど、なかなか難しい
・一人でなく、誰かと一緒なら続けられそうな気がする
・GAPに興味はあるけれどもまだ体験したことがない
・GAPの基礎を繰り返し実践し自分のものにしたい
・医療、福祉、ボディワークや心理の対人援助職の方で、日常の仕事にも生かしたい

Message

11167904_1089344837747138_3314079034964569091_nゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)のST(スチューデント・ティーチャー)クラスは、興味のある方ならどなたでも参加できる、オープンクラスです。

このクラスは、講師・クリスの監修とアドバイスを毎回受けており、現在のところ日本で唯一、公式にGAPを定期的に伝えること・その実践を許されています。そして、世界的にもおそらく唯一の、正式に認定を受けている場です。

アメリカのワークで出会ったクリスティン・プライスを日本に招聘しながら、12年以上のGAPの学びと実践を経たところでクリスが不在のときもプラクティスを提供できる場として昨年から、GAPのSTクラスを正式にスタートすることができました。

現在クリスは、エサレン研究所の共同創立者ディック・プライスが創始したGAPの伝統を正式に受けつぎ、
現在はそれをさらに育む場を創り、拠点としています。

日本でもSTクラスでは、初めての方、クリスのワークに出たことのある方、
毎回、様々な参加者の方たちと輪を囲み、実践してきました。

今回もみなさんとご一緒できることを楽しみにしています。

なにか身体の感覚、気持ちや感情が起きてきたことに気づいたり、
または、自分が今まであまり注意を向けてこなかった、あるいは無視していた自分の中の一部などに気づいたら、
GAPではその気づいたものを変えようとしたり、無くそうとしたりしません。
 
まず今ここにいて、時間をとり、そのあるがままの自分とただ出会います。
頭も心も開いて、オープンマインドとオープンハートであることを意識的に思い出します。
 
できる限り、起きてきたことに好奇心をもってすすんで出会う、というあり方に入るのです。
 
ークリスティン・プライス

 

詳細つづきは次ページ>>